出産して食事を気を付けるようになる

出産した芸能人を見ていると、お母さんになっても全然変わっていないので、私も赤ちゃんを産んでも変わらないだろうと思っていました。 しかし、赤ちゃんを産んでお母さんになって初めて気づくことが、独身時代とは全然違うということです。

最も違うことといえば、体調。 赤ちゃんを産む前は、健康そのもので病院に行ったことがありませんでした。 しかし、赤ちゃんを産んでお母さんになった直後に頭痛と足のむくみで悩むようになったのです。 ただ、出産直後は自分の体のことよりも生まれたばかりの赤ちゃんが優先です。 このときほどお母さんになったと思ったことはありません。

自分以外に守るものができることがこんなにもうれしいことで大変なことだとはおもいませんでした。 なので、頭痛や足のむくみは我慢して育児に専念する日が続きました。 ただ、赤ちゃんへの授乳が始まっているので、薬も飲めないのは本当につらいものがありました。 それから1ヶ月が経過して、育児にも少し慣れてきたのですが、私を悩ます頭痛やむくみがなかなか治りません。

そこで、赤ちゃんの1ヶ月検診のときに病院の先生に相談することにしました。 まず、先生からはどんな食事を摂っているのかを聞かれました。 そこで私は「赤ちゃんが優先の生活を送っているため、自分の食事はインスタントなど簡単に食べれるものばかりです」と答えました。 すると「お母さんになったのだからそんな食事ではダメ。頭痛やむくみの症状が出ているのは栄養のバランスが良くないのが原因」

さらに、先生は「授乳中の赤ちゃんの栄養はお母さんの食べたものからできているのだから、栄養についてはもっと気を付けないといけない」とかなりきつく言われてしまいました。 先生は薬を飲まなくても今の食事を変えて栄養のバランスがよくなれば、自然に治るとも言われました。 これがきっかけで栄養について真剣に考えることになりました。 赤ちゃんを産む前は食事の栄養なんて考えたことありませんでした。 好きなものを好きな時間に食べても、太ったり、病気になることもなかったので油断していました。

野菜スープを飲んで体調万全

まずは、頭痛とむくみが治るためにはどんなものを食べればいいのかを周りのお母さんに聞きまくりました。 すると、野菜から作ったスープで頭痛が治ったというお母さんがいました。 そこで、野菜スープの作り方を教わりました。 早速、家に帰ったら、必要な野菜を買ってきて作ることにしました。 ただ、ゆっくり野菜スープを作っている時間はないので、なかなか焦りました。 私が野菜スープを作っているときも、赤ちゃんは泣くので、授乳もしなくてはいけません。 妊娠が初めてのプレママのためのサイト

すると、調理途中の野菜スープが鍋に入ったままになっていました。 これでは、いくら野菜スープが栄養満点で頭痛を解消できるとしてもダメだと気づきました。 本当に大変です。 世のお母さんはこんなにも大変なのでしょうか? ゆっくり料理を作る時間もありません。 そこで、もっと簡単に作れる栄養満点の料理はないかをまわりのお母さんに聞くことにしました。

すると、熱湯で柔らかくしたあずきを食べるといいかも。これなら熱湯にあずきを入れるだけで出来上がりなので、忙しい育児中でも作れるのでは?と教わりました。 あずきがいいなんて初めて聞きました。 大豆はよく食べますが、あずきはまんじゅうを食べる時ぐらいしか食べていませんでした。 早速、一袋のあずきを買ってきて、鍋に熱湯を注いで柔らかいあずきを作ってみました。 作ると言いましたが、ただ、熱湯に入れておいて何もせず15分程度で出来上がりです。

これなら赤ちゃんの面倒を見ながら作れました。 さて、出来上がったあずきを食べてみました。 あまり味がしません。 まんじゅうに入っているあずきは砂糖が入っているので甘いですが、味付けをしていないあずきがこんなにも味がないとは思いませんでした。 ただ、味がしないだけで食べることはできます。 それを教えてくれたお母さんに聞いたら、少し塩を入れると甘くなって食べやすくなるよと教えてくれました。

そこでひとつまみの塩を入れて食べてみたら、おいしい。 これなら食べられます。 作ったあずきは、朝と夜に茶碗半分程度を食べることにしました。 そして、4日ほど経った朝、すがすがしく起きることができました。 さらに、あんなに悩んでいた頭痛がしないのです。 これはもしかしてあずきのおかげ? たった4日でこんな効果があるなんてすごすぎです。 病院の先生が言っていたように栄養のバランスのいい食事が大切なことがはっきりわかりました。

それからは栄養を考えた食事をするように心がけました。 もちろん、ほとんど時間を育児に取られてしまうので、ゆっくり食事を作っている時間はありません。 そこで、赤ちゃんの育児をしながらでもつくれるように工夫をしています。 このように栄養のことを考えることで、足のむくみも自然に解決していました。 赤ちゃんを産んでから頭痛やむくみになったことで、健康のためには栄養のことを考えた食事がとても重要なことがわかりました。 そのおかげで私も赤ちゃんも元気です。

もしこれから出産を控えているお母さんがいましたら、今から栄養のことを考えた食事をするように心がけてください。 私も出産でこんなにも自分が変わるとは思いませんでした。 ただ、育児中は大変ですので、完璧な食事をしようとは考えないでください。 まずは栄養のことを考えた一品を増やすことから始めてみましょう。

ページのトップへ▲